ここから本文です

Googleアナリティクスのレポート画面の超基本を理解しよう[第9回]

Web担当者Forum 7月21日(木)7時6分配信

Googleアナリティクスには多くのレポートがあるが、今回はレポート画面のメニューの操作や基本的な見方を解説する。Googleアナリティクスを使ううえで、すべての操作の基本となる内容だ。

この記事で学べること:

・Googleアナリティクスの画面構造を知る
・レポートの表示方法やメニューの操作方法を覚える

トラッキングコードやビューの基本的な設定が済んだら、いよいよGoogleアナリティクスのレポートを見ていこう。

レポート画面を表示する

Googleアナリティクスにログインすると、画面の上部に表示されるナビゲーションリンクの「ホーム」画面(図1赤枠部分)が表示される。Googleアナリティクスはアカウント、プロパティ、ビューの3層構造からなっているので、すべての階層が展開されている状態にしよう。

アカウントだけが表示されている場合は、アカウント名をクリックすれば、すべてが見えるようになる(図1青枠部分)。

すべての階層が表示された状態で、一番下の階層にあたるビューがレポート画面への入り口になる(図1黒枠部分)。図1では2つのビューがあるが、レポートを見たい方をクリックしよう。

すると、図2の画面が表示される。これがレポート画面だ。左側の図2赤枠部分で見たいレポートを選択する。太字になっている項目が、現在見ているレポートであることを示している。最初は[ユーザー]>[サマリー]レポートが表示される。

選択したレポートは、右側の図2青枠部分のエリアに表示される。レポートの詳しい内容はこのあと解説する。上部のヘッダーでは、レポート画面と「アナリティクス設定」画面などを切り替えることが可能だ(図2緑枠部分)。

レポート名表示を隠して画面を広く使う

Googleアナリティクスのレポートのなかには横に広いものもあるが、いつも大きなモニタで表示できるとは限らない。そんなときのために、必要がないときにメニュー部分を隠してレポート画面を横幅いっぱいに表示するための機能がある。画面の左上にある左向きの三角形(図3赤枠部分)をクリックすると、左側のレポート名が表示されているセクションが非表示になる(図4)。

1/3ページ

最終更新:7月21日(木)7時6分

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]