ここから本文です

上野樹里主演「お父さんと伊藤さん」のEDテーマはユニコーンの新曲!予告編も公開

映画.com 7月21日(木)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 上野樹里が主演する、タナダユキ監督の新作「お父さんと伊藤さん」のエンディングテーマがユニコーンの新曲「マイホーム」に決定した。あわせて、同曲を収録した予告編も公開された。

【動画】「お父さんと伊藤さん」予告編

 中澤日菜子氏の同名小説を「百万円と苦虫女」「ロマンス」のタナダ監督が映画化。34歳の書店員・彩と給食センターでアルバイト中の54歳のバツイチ男性・伊藤さんが同棲するアパートに、彩の父親が転がり込んでくる。3人の奇妙な共同生活、父がやってきた本当の理由とその裏に潜む“家族の問題”を描く。マイペースに生きる主人公・彩を、「陽だまりの彼女」以来3年ぶりの主演となる上野が演じるほか、伊藤さんをリリー・フランキー、爆弾のように激しい性格の彩の父を藤竜也が担う。

 中学時代から同バンドのファンだったというタナダ監督は、「伊藤さんくらいの世代のアーティストの方の声で、どこか遠くで見守っている感じの曲がいいんじゃないかな、と。ままならない人たちをままならないまま受け止めてくれる、でも優しいだけじゃない目線のある曲だと思います」と同曲の魅力を熱弁。そのうえで「今でも信じられず、とても幸せです」と喜びを爆発させた。また、ボーカル&ギターの奥田民生は、同曲の印象を「歌詞のついていないタイミングで、ほのぼのとした感じがしましたね」と語っている。

 予告編は、3人が共同生活を始める場面から幕が上がる。最初はぎくしゃくしていたが、次第に伊藤さんと父の間には不思議な友情が芽生え、3人はひとつの家族のようになっていく。だが、父が突然姿を消してしまったことから事態は一変。彩は、ある“家族の問題”に直面し、「嫌だよ。お父さんと伊藤さんどっちか選ばなきゃなんて」と苦悩する。軽妙でユーモアあふれるやりとりが笑いを誘うとともに、キャスト陣の熱演ぶりを垣間見ることが出来る。

 「お父さんと伊藤さん」は10月8日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

最終更新:7月21日(木)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。