ここから本文です

台湾グラドル・イリィ、セクシーの限界に挑戦 最後の写真集発売

中央社フォーカス台湾 7月21日(木)14時11分配信

(台北 21日 中央社)台湾のグラビアアイドル、イリィ(鄭家純)は20日、写真集「純」の発売を前に、台北市内で記者会見を行った。これまで日本でも作品を4本発表しているイリィ。今回は限界ギリギリのセクシーショットを披露している。そのため、限られた予算の中でこれ以上のものを作り上げるのは難しいとし、今回が最後の1冊になるとの考えを明かした。

現在22歳のイリィは2012年、からあげ店のPRフィルムへの出演を機に注目を浴び、芸能活動を開始。台湾では「鶏排妹」(からあげ娘)の愛称で知られている。これまで台湾では写真集を2冊発売しており、ファースト写真集は売上約1万部に上るヒットを記録した。

3冊目となる今作も売上は好調で、今月上旬の予約受付開始から3日足らずで5000部を達成。印税は全て福祉団体に寄付し、撮影時に使用した道具などもチャリティー販売する。

この日の会見には胸の谷間を強調する黄色のミニワンピース姿で登場。スタイルの良さを見せつけた。

最新写真集は今月27日に台湾で発売される。

(呉ワンテイ/編集:名切千絵)

最終更新:7月21日(木)14時11分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。