ここから本文です

<鬼桃語り>英語RPGがバージョンアップ シチュエーション別でフレーズの復習が可能に

まんたんウェブ 7月21日(木)12時30分配信

 英語の発音と聞き取りを通して楽しみながら英会話を学べるスマートフォン向けRPG「鬼桃語り」(E‐Times Technologies)が21日、バージョンアップした。敵とのバトルなどで解いたすべての英語問題の一覧を閲覧できる機能「コトダマ(英語問題)一覧」などが追加され、日常会話のあいさつや旅行といったシチュエーションごとに英会話のフレーズを確認、復習できるようになった。

【写真特集】スマートフォン向けRPGゲーム「鬼桃語り」のイメージビジュアル

 「鬼桃語り」は、発音音声認識バトルシステムを搭載し、英単語や会話のスキルで敵を倒していくという内容。主人公の桃太郎が、犬、猿、キジを仲間にして「コトダマ(英語)」の世界を支配する悪い鬼を退治する。

 バージョンアップを記念して、「数字の英語」をテーマにした新イベントステージが追加され、4桁以上の数字の聞き取りが楽しめるほか、武器と仲間の“桃トモ”を一覧できる図鑑機能の追加、ボスバトルでは新しいBGMも登場する。また、次のバージョンアップでは発声練習機能などが追加される予定。

最終更新:7月21日(木)12時42分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。