ここから本文です

ジョン・ル・カレ原作×ユアン・マクレガー主演「われらが背きし者」10月21日公開

映画.com 7月21日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース]「裏切りのサーカス」などで知られるジョン・ル・カレ原作、ユアン・マクレガーが主役のスパイサスペンス映画「Our Kind Of Traitor」(原題)が、原作本と同じく「われらが背きし者」の邦題で10月21日の公開が決定、このほどビジュアルがお披露目された。

 平凡な大学教授とその妻、組織を裏切ったロシア・マフィア、復讐に燃えるMI6。友情、裏切、復讐、愛が複雑に絡み合い、世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていくスリリングな人間ドラマだ。

 マクレガーが大学教授のペリーに扮し、ロシア・マフィアのディマをステラン・スカルスガルド、復讐に燃えるMI6のヘクターをダミアン・ルイス、ペリーの妻のゲイルをナオミ・ハリスが演じる。「パレーズ・エンド」などのテレビドラマを中心に活躍するスザンナ・ホワイトがメガホンをとり、「ドライヴ」のホセイン・アミニが脚色を担当した。

 モロッコでの休暇中、イギリス人の大学教授ペリーとその妻ゲイルは、偶然知り合ったロシア・マフィアのディマから、組織のマネーロンダリング(資金洗浄)の情報が入ったUSB をMI6に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う二人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受けたことから危険な亡命劇に巻き込まれていく。

 「われらが背きし者」は10月21から、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

最終更新:7月21日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。