ここから本文です

【パンクラス】Bellatorトーナメント覇者シウバ「上田は間違いなくタフな相手」

イーファイト 7月21日(木)22時24分配信

 7月24日(日)東京・ディファ有明で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『PANCRASE 279』に出場する元Bellator戦士ハファエル・シウバ(ブラジル)が、21日(木)都内にて公開練習を行った。

【フォト】鋭いヒザ蹴りを打ち込むシウバ

 同大会で第5代修斗フェザー級王者&パンクラス・バンタム級2位の上田将勝(パラエストラ東京)と対戦するシウバ。UFCに次ぐ規模を誇るアメリカのMMA(総合格闘技)団体「Bellator」で、2013年にバンタム級トーナメントを制した実績を持つ。パンクラス3月大会で初来日すると、バンタム級4位コンボイ升水から1Rで一本勝ち。ランキング6位に名を連ねた。

 この日の公開練習では3分間のミット打ちを披露。気迫のこもった表情で、パワフルなパンチと蹴りを一発一発、声を上げながらミットに打ち込み、好調さをうかがわせた。

 対戦相手の上田について「間違いなくタフな相手」と警戒するシウバ。減量に苦戦している様子もあり、上田が得意とする持久戦に不安を残すが、「それは心配ないです。逆に自分が持つさまざまな技を見せる良いチャンスになると思います」と余裕を見せる。

 また今回は、上田のサウスポーからの攻撃とレスリングテクニックを想定し、トレーニングでしっかり対策を立ててきたと話す。「一本で勝つか、KOで勝つか、予想は難しいですが、ゲームプラン通りに試合を進めることが出来れば、自ずと結果はついてきます」と、勝利に向けて自信を見せた。

最終更新:7月21日(木)22時24分

イーファイト