ここから本文です

高性能なクラウドサービス提供に向け、戦略的提携

MONOist 7月21日(木)9時55分配信

 富士通は2016年7月6日、米オラクル・コーポレーション、日本オラクルと戦略的提携を行い、日本企業およびその海外拠点に対して、高性能なクラウドを提供すると発表した。

 富士通は、同社の国内データセンターに「Oracle Database Cloud Service」や「Oracle Human Capital Management(HCM)Cloud」といった、オラクルの「Oracle Cloud Platform」や「Oracle Cloud Applications」の環境を設置。具体的には、Oracle Cloudを富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(K5)」と連携させて提供する。これらのサービスを日本企業、およびその海外拠点に販売し、顧客のエンタープライズ・システムのクラウド移行を支援する。

 Oracle Cloud Applicationsの第1弾として、まずOracle HCM Cloudを提供する。富士通では、Oracle HCM Cloudの社内利用を開始し、これを通じて得た知見やノウハウを、顧客へのサービス提供に積極的に生かしていくという。

最終更新:7月21日(木)9時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]