ここから本文です

ハイヒール型教会 ライトアップへ…ロマンチックなムード演出/台湾

中央社フォーカス台湾 7月21日(木)17時37分配信

(嘉義 21日 中央社)嘉義県布袋鎮で今年初めにお目見えし、6月にはギネス世界記録に登録されたハイヒール型の教会。22日からライトアップが行われることになった。今後毎週金曜日と土曜日にロマンチックなムードが演出される。

高さ17メートル、幅11メートル。青のガラスが320枚使われた教会は、世界最大のハイヒール型建築物とされる。かつて風土病に悩まされていた同地域が「貧困から抜け出し、幸せに向けて歩き出す」とのメッセージが込められている。

雲嘉南浜海国家風景区管理処は、これまでに130万人が来訪したと語る。22日には点灯式のほか、音楽会などのイベントも開かれる予定。

(黄国芳/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月21日(木)17時37分

中央社フォーカス台湾

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。