ここから本文です

なんとバズ・ライトイヤーまで合体ロボ超合金に。これが無限の彼方か…

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月21日(木)14時8分配信

トイ・ストーリーのファンが「無限の彼方に行きすぎだろ……」って言わないか心配。

「東京おもちゃショー2016」で発表され、ウッディと仲間たちが合体ロボ化してしまった『超合金 トイ・ストーリー 超合体大作戦』の続報が漏れ聞こえてきました。大方の予想通り、今回ロボ化されたキャラクターは、トイ・ストーリーのもう一人の主役バズ・ライトイヤー。『超合体 バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ』です。

【詳細】他の写真はこちら

合体! そして、ウッディ・ロボの強力な助っ人として見参

前回の『ウッディロボ・シェリフスター』発表時に同時公開されたアニメの続編「超合金 トイ・ストーリー 超合体大作戦 ショートムービー【後編】」もあわせて公開された、このバズ・ザ・スペースレンジャーロボ。全高約110mmのバズのフィギュアを中核に、乗り物の「スペースシャトル&ザ・ビッグワン」、そして三つ目で緑色の「あの」エイリアンたちが2体合体することでロボ形態が完成します。

えーと、以前の記事でも言いましたけれど、トイ・ストーリーってこういうお話でしたっけ?

さらにウッディ・ロボと超・超合体し、「ガングレートキング」に
 

それだけではありません。先行して発表されていた『ウッディロボ・シェリフスター』と、今回の『バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ』をさらに合体(超・超合体)させることで、『超・超合体 ガングレートキング』が完成するとのこと。この時の全高は、なんと約350mmにも達します。もはや悪の帝王ザーグも裸足で逃げ出すレベルのインフレ的パワーアップっぷりですね。

ウッディは2016年11月、バズは2017年1月に発売予定
ところで、先発のウッディ・ロボが2016年11月25日発売予定で、まだ発売までしばらくかかるタイミングでの発表になったバズ・ザ・スペースレンジャー ロボですが、こちらの発売予定日は年をまたいで2017年1月27日になるとのこと。メーカー希望小売価格は税込1万8900円。

それにしても、トイ・ストーリーという素材を、見事なまでに合体ロボ超合金のフォーマットに落とし込んだバンダイの手腕はさすがの一言。大人としてもガシガシ動かして遊びたい衝動にかられてしまいます!

 
文/ワタナベダイスケ(編集部)
(c) Disney/Pixar

関連サイト
製品ページ
プレスリリース(PDF)

最終更新:7月21日(木)14時8分

M-ON!Press(エムオンプレス)