ここから本文です

その森、危険!米版『デスノート』監督が贈る謎のスリラー『ザ・ウッズ』公開へ

cinemacafe.net 7月21日(木)16時0分配信

Netflixが手がけるハリウッド版『デスノート』に抜擢された新鋭アダム・ウィンガードがメガホンをとり、彼の長年のパートナーのサイモン・バレットが脚本を担当した最新スリラー『ザ・ウッズ』が、12月1日(木)より日本公開されることが決定。想像をかきたてる、たった1枚のビジュアルが到着した。

【写真】アダム・ウィンガード監督

大学生のグループがキャンプで訪れた“森”。そこには自分たちしかいないはずなのに、彼らは「なにか」が潜んでいることに気づく…。

全米で9月16日(現地時間)より2,000館規模のロードショー公開が控え、今年最大の注目をあつめるスリラームービーが早くも日本上陸決定。手がけるのは、『サプライズ』『ザ・ゲスト』など新感覚サスペンス・ホラーを世に送り出し、Netflixオリジナル映画『デスノート』の監督を務めるアダム・ウィンガード、そして脚本家のサイモン・バレットだ。

アメリカ・サンディエゴで開催され、来場者13万人以上を誇る世界最大級のポップカルチャーイベント「コミコン・インターナショナル」にて、現地時間7月22日、世界初のプレミア上映が決定している。

まだ世界の誰も観ていない本作。今回、公開決定と共に解禁となったのは、本国から送られてきた1枚のビジュアルのみ。広がる森の木々の奥深く、漆黒の闇からのびるのは2本の腕。いったい、この森に「なにが」潜んでいるのか? 幻影か? それとも錯覚? “予測不能”の恐怖の存在を、日本の宣伝マンたちは一生懸命に推理。サイコキラー? カルト集団? 宇宙人? ロボット? “グエムル”的な何か? はたまた、この樹木と腕の比率から考えるに巨人!?  日本公開となる12月1日(木)まで、この森の「なにか」が“なにか”を総力上げて推理してみて。

『ザ・ウッズ』は12月1日(木・映画の日)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。

最終更新:7月21日(木)16時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。