ここから本文です

女子ゴルフ 野村敏京メダルなら報奨どうなる?

東スポWeb 7月21日(木)10時13分配信

 リオデジャネイロ五輪の出場エントリーが締め切られたことを受け、日本ゴルフ協会と五輪競技対策本部は19日、ゴルフの日本選手団決定発表会を都内で開いた。席上、メダリストへの報奨も明らかになったが、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の会員ではない野村敏京(23)への対応は不透明。野村がメダルを獲得した際には大きな問題になりそうだ。

 112年ぶりに五輪で実施されるゴルフに日本代表として出場するのは、男子の池田勇太(30=日清食品)、片山晋呉(43=イーグルポイントGC)、女子の野村、大山志保(39=大和ハウス工業)の4人。丸山茂樹ヘッドコーチ(46=セガサミーHD)を含めた3人のスタッフと各選手のキャディーが選手団として現地入りする。

 メダリストへの報奨は男女で微妙に異なるが、金メダルは自由に行使できるシード10年分と1000万円、銀メダルは同5年分と500万円、銅メダルは同3年分と300万円に決まった。

 男子についてはレギュラーツアーでシードを行使できるのは49歳までで、50歳からはシニアツアーに権利を引き継ぐ。すでに永久シードを持つ片山がメダリストになった場合には、おのずとシニアでシードを行使することになる。

 一方、女子のシードは会員のみが対象。「会員団体なので、ということでした」(倉本昌弘強化委員長)。非会員の野村には報奨金のみが与えられる。

 強化委員会が掲げてきた“オールジャパン体制”はどこへやらで、その後の処遇は、さらに判然としない。メダルを獲得した野村が将来的にLPGAの会員になった場合、あるいは非会員のツアーメンバーである単年登録者になった場合、その時点でシードを与えるかについては「決まっていません」(LPGA関係者)。

 現在の規定ではプロテスト合格以外に入会方法はなく、野村が会員になる可能性は低いかもしれないが、単年登録は日本ツアーで優勝すれば可能。十分に想定されるケースにもかかわらず「今回の代表は会員の大山選手と非会員の野村選手なので、単年登録者の扱いは議論していません」(同)。当然、さかのぼってシードを与えるかは、決めようがないというわけだ。

 野村は今季、米女子ツアーで2勝を挙げ、世界ランキング22位(五輪出場者では15番目)と、男女を通じてメダルに最も近い存在。報奨が目当てではないとはいえ、リオで思う存分、力を発揮してもらうためには、事前に結論を出しておくべき問題のはずだが…。

最終更新:7月21日(木)17時0分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]