ここから本文です

<インド その6~スピリチュアルなビジネスマン(その2)>-高橋邦典

THE PAGE 7月26日(火)14時0分配信

 ラムデブは、インドの伝統的医学であるアーユルベーダの師でもあり、それをもとにした日用品を製造・販売するビジネスマンとしての顔も持つ。

高橋邦典

 2006年に彼がパートナーと創業したブランド「パタンジャリ」は、自然薬は勿論、石鹸や歯磨きからビスケット、乾燥麺に至るまで年々品数を増やし、いまやその数は800以上。化学物質を使わないから体にも優しいし、品質も高い。おまけにすでに知名度の高いラムデブの商品だから、宣伝費がかからずに、他社の商品に比べ割安だ。

 ちなみに僕自身もインドに滞在中はパタンジャリの歯磨きペーストを愛用していた。茶色なのではじめは違和感を感じるが、他社の人工的なミント味とは違った、薬草によるすっきり感が病みつきになるのだ。

 国内2万以上の店舗で商品を販売し、拡大し続けるパタンジャリは、近い将来、インド国内でコルゲートやマギーなどの大手外国資本を凌ぐだろうともいわれている。パタンジャリの躍進はモディ首相の「メイク・イン・インディア(インドでものづくりを)」政策とも見事に合致した。

 「外国企業は添加物だらけの製品を売り、インド人を騙している。私たちの製品はインド人のルーツに根づいているのだ」

 ラムデブの鼻息は荒い。この「スピリチュアルなビジネスマン」の勢いは当分衰えることはなさそうだ。

(2016年2月撮影)

最終更新:7月26日(火)14時0分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。