ここから本文です

絵文字がテーマのハリウッド映画に「デッドプール」の俳優が 世界絵文字デーに発表

映画.com 7月21日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズ・アニメーションが準備を進めている、「絵文字」をテーマにした長編アニメ映画「Emojimovie: Express Yourself(原題)」に、「デッドプール」で主人公の親友役を演じたT・J・ミラーが声優として出演することが決定した。

 「世界絵文字デー(World Emoji Day)」である7月17日(現地時間)、同スタジオはミラーが、「うれしい」「かなしい」「エビ」などの絵文字を、顔まねやジェスチャーで表現していく“オーディションテープ”を公表した。アンソニー・レオンディスが監督・脚本を務める映画は、携帯電話の中の知られざる世界を舞台に、絵文字たちがアプリを旅しながら、究極の目的地“ザ・クラウド”を目指すというストーリー。米バラエティによれば、ミラーが担当する絵文字は「さあね」といった表情になるはずだったか、不具合のせいで表情がコントロールできなくなってしまうキャラクターだという。

 米HBOのコメディドラマ「シリコンバレー」で活躍中のミラーは、大ヒットしたアニメ映画「ベイマックス」や「ヒックとドラゴン」にボイスキャストとして参加。現在は、スティーブン・スピルバーグ監督がアーネスト・クライン著のSF小説「ゲームウォーズ」を映画化する「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」の撮影中だ。

 「Emojimovie: Express Yourself(原題)」は、2017年8月11日全米公開。

最終更新:7月21日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。