ここから本文です

笹川美和、池田綾子とのジョイントコンサートを開催

CDジャーナル 7月21日(木)18時32分配信

笹川美和、池田綾子とのジョイントコンサートを開催

笹川美和、池田綾子とのジョイントコンサートを開催

 新潟県在住のシンガー・ソングライター笹川美和が、初の自主企画コンサート〈笹川美和 池田綾子 ジョイントコンサート ~沈丁花と撫子の揺れる時~〉を11月3日(木・祝)に東京・キリスト品川教会のグローリア・チャペルで行なうことを発表。「e+」(eplus.jp/ms_ai16hp)では本公演のチケット抽選先行予約を7月31日(日)23:59まで受付中です。

 “ジョイントコンサート”と銘打った今回の公演は、最近では“月9”ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主題歌となった手嶌 葵「明日への手紙」の作者として知られ、笹川とは公私ともに親交の深い、シンガー・ソングライターの池田綾子を迎えて開催。コンサートのタイトルに据えられた“沈丁花(ジンチョウゲ)”と“撫子(ナデシコ)”は、それぞれの誕生花となっています。

最終更新:7月21日(木)18時32分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。