ここから本文です

ハリウッド実写版「デスノート」監督によるスリラー「ザ・ウッズ」、日本公開は12月1日!

映画.com 7月21日(木)16時0分配信

 [映画.com ニュース] 「サプライズ」「ザ・ゲスト」といったサスペンスホラーで注目され、ハリウッド版・実写映画「デスノート」の監督に抜てきされた新鋭アダム・ウィンガードが手がけたスリラー映画「THE WOODS」が、「ザ・ウッズ」の邦題で12月1日から日本公開されることが決定した。あわせて、森に潜む“何か”が闇から手を伸ばす不気味なビジュアルも披露された。

 映画は、キャンプにやって来た大学生グループが、自分たちしかいないはずの森に“何か”が潜んでいることに気付いたことから巻き起こる恐怖を描く。米サンディエゴで7月21日(現地時間)に開幕する世界最大級のポップカルチャーイベント「コミコン・インターナショナル」で22日にワールドプレミア上映後、全米で9月16日から2000館規模で公開されることが決定している。なお脚本は、ウィンガード監督と何度もタッグを組んでいるサイモン・バレットが担当する。

 「ザ・ウッズ」は、12月1日からTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開。

最終更新:7月21日(木)16時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。