ここから本文です

オアシス、2009年フジロックの映像が〈シネ・ロック・フェスティバル〉でフル上映

CDジャーナル 7月21日(木)18時32分配信

 〈FUJI ROCK FESTIVAL '09〉でのオアシス(OASIS)のライヴ映像が、7月23日(土)から始まる音楽映画フェス〈シネ・ロック・フェスティバル 2016〉にて上映されます。入場券はローソンチケット(l-tike.com/cinerock-oasis)にて発売中です。

 東京・有楽町 丸の内ピカデリー3を会場に、7月23日(土)から8月5日(金)までの2週間に亘って開催される〈シネ・ロック・フェスティバル 2016〉。“ライヴ映像”“ロックな映画”“ドキュメンタリー映画”など計22本もの音楽映画作品が集う今回、『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』というタイトルで上映されるオアシスのライヴ映像は、2009年に行なわれた〈FUJI ROCK FESTIVAL '09〉初日の“グリーン・ステージ”でヘッドライナーを務めた際のもので、「ロックンロール・スター」「ライラ」「ザ・マスタープラン」「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」といった代表曲を含む約100分に及ぶセットリストをフル収録しています。

最終更新:7月21日(木)18時32分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。