ここから本文です

【函館2歳S】モンドキャンノ世代重賞V一番乗りへ文句なしのデキ

デイリースポーツ 7月21日(木)6時59分配信

 「函館2歳S・G3」(24日、函館)

 世代最初の重賞Vへ照準ピタリ-。モンドキャンノは20日、函館芝で併走追いを行い2馬身先着。シャープな走りで出来の良さを印象づけた。レヴァンテライオンは函館Wで豪快なアクションを披露。陣営は好感触をつかんでいる。

 霧雨が降る函館芝で行われたモンドキャンノの最終デモ。ピンクスター(2歳新馬)を手応え良く5馬身追走。パートナーとの差を詰め、直線では末脚を伸ばし2馬身先着を決めた。時計は5F64秒2-36秒3-12秒4。

 「無理せず相手に合わせた感じの追い切りでした。抜け出して少し外に行こうとするところを見せましたが、栗東にいた時と比べると随分、ましになってきました。短期間でも成長を感じますし、行儀良く走っていた」。鋭い切れ味に手綱を取った安田翔助手の表情は明るい。

 デビュー戦は好位から鮮やかに抜け出して快勝。ポテンシャルの高さを示した。「調教の段階から能力を感じてはいましたが、それをいかに発揮させるかが難しい中でいいレースをしてくれました。前向きさもあって伸びしろを感じる内容で、時計も評価できるものでした」とうなずく。

 前走後は張り詰めた気持ちをリフレッシュさせるべく、いったん放牧へ。函館に戻ってから再び、ここに向けて乗り込んできた。「一度使った効果で馬体に張りが出てきました。仮に道悪でも大丈夫だと思う。完成するのは先だと思っていますが、世代最初の重賞ウイナーになってほしい」と力を込めた。

最終更新:7月21日(木)7時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。