ここから本文です

ボロがFWネグレド獲得で合意、スボティッチは破談

ISM 7月21日(木)12時0分配信

 ミドルズブラ(イングランド)は現地時間20日、バレンシア(スペイン)からスペイン代表FWアルバロ・ネグレド(30)を1年間の期限付き移籍で獲得することで合意に至ったと発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 ネグレドはスペイン代表として、EURO2012優勝を経験。リーガ・エスパニョーラでは通算264試合に出場し、112得点を記録。2013-14シーズンにはマンチェスターCでイングランド・プレミアリーグ優勝を経験しており、チャンピオンズリーグでハットトリックも達成した。書類手続きが完了次第、正式加入の運びとなる。

 “ボロ”の愛称で親しまれるミドルズブラは、今季プレミアに復帰。新シーズンに向けて積極的な補強を続けており、すでにGKビクトル・バルデス、DFアントニオ・バラガン、FWヴィクトル・フィッシャー、DFベルナルド・エスピノサ、MFマルテン・デローン、DFジョーダン・マクギーを獲得した。

 英『BBC』によれば、サウザンプトン(イングランド)を退団したMFガストン・ラミレスの加入も近いとのこと。一方で、ドルトムント(ドイツ)DFニーヴェン・スボティッチの獲得も近づいていたが、同選手はメディカルチェックでろっ骨の負傷が発覚。2016年中の復帰は絶望的で、移籍は破談となった。

最終更新:7月21日(木)12時1分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。