ここから本文です

【中京記念】トウショウドラフタ世代の壁突破へ 古馬粉砕デモ

デイリースポーツ 7月21日(木)6時59分配信

 「中京記念・G3」(24日、中京)

 トウショウドラフタが重賞2勝目へ向けて好仕上がりをアピールした。20日、美浦Wで単走で追われ、軽快な動きを披露。メンバー中、唯一の3歳馬が古馬の壁を打ち破る。ダッシングブレイズは栗東CWで鋭い動きを見せた。タイトル奪取へ調整に余念がない。

 3歳馬トウショウドラフタが古馬に真っ向勝負を挑む。最終追い切りは美浦Wで単走。道中はむきになる面を見せず、最後までリズム良く駆け抜け、4F53秒7-39秒8-13秒1を計時した。

 手綱を取った岩部(レースは田辺)は「あまり乗ったことがないけど、折り合いだけ注意した。スムーズな動きだったし、状態は良さそうだね」ときっちり仕事をしたという表情だ。

 1週前は主戦の田辺を背に追い切り、道中かなり掛かった。それを思えば、いい方向に向いていると言えるだろう。普段からテンションが高めだ。NHKマイルC(5着)は直前のハードな追い切りが裏目に出た。同じ轍(てつ)は踏まない。

 萱野師は「前回はやり過ぎ、競馬に行ってテンションが高くなった。先週併せ馬で追ったから、きょうはサッと。いい感じで臨める」と白い歯を見せた。

 体調面に不安はないとなればマイルの克服が課題になる。古馬との力関係はやってみないと分からない。指揮官は「NHKマイルCも最後は伸びていた。折り合って運んでくれれば。ファルコンSで道悪は克服したが、本質的には良の切れ味勝負がベスト。トウショウ牧場生産の血統も残り少ないから、もっとタイトルを積み重ねて種牡馬にしてやりたい」と期待を寄せた。

最終更新:7月21日(木)7時20分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ