ここから本文です

「トイ・ストーリー」バズがエイリアンと合体し超合金ロボに! ウッディ ロボとの“超・超合体”も

インサイド 7月21日(木)17時45分配信

バンダイは、ピクサー・アニメーション・スタジオ(以下、ピクサー)のアニメーション映画『トイ・ストーリー』シリーズに登場するキャラクターたちが合体するロボットの第2弾を発表しました。

【関連画像】

今回リリースが判明した「超合金 トイ・ストーリー 超合体 バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」(18,900円・税8%込)は、「トイ・ストーリー」でおなじみの「バズ・ライトイヤー」、「エイリアン」、「スペースシャトル」、「ザ・ビッグワン」といったキャラクターやメカがセットになったもの。それぞれが合体することで、1体の巨大な「バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」(全高約 205mm)となります。

各フィギュアおよび「バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」は、本商品オリジナルのデザイン。超合金ファン納得の変形、合体ギミックを取り入れていることはもちろん、デザインにもこだわったアイテムです。

更に、第1弾「超合金 トイ・ストーリー 超合体 ウッディ ロボ・シェリフスター」(18,900円・税8%込)と超・超合体することで、さらに大きいロボット「超・超合体 ガングレートキング」(全高約350mm)に。その迫力は一見の価値有りです。

「超合体 ウッディ ロボ・シェリフスター」は2016年11月25日に発売。そして今回発表された「超合体 バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」は、2017年1月27日に登場します。それぞれ、クリスマス前と年明けにリリースされるので、子供へのプレゼント候補に加えてみるのも一興かもしれません。詳細に関しては、下記をご覧ください。

◆「超合金 トイ・ストーリー 超合体 バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」

■「トイ・ストーリー」のキャラクターたちを超合金アレンジで立体化
「トイ・ストーリー」でおなじみのキャラクターを超合金としてアレンジしたフィギュアとメカのセットです。それぞれを変形・合体させることで巨大ロボット「超合体 バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」になります。

●バズ・ライトイヤー(全高約110mm)
宇宙を守るスペース・レンジャー、バズ・ライトイヤーはロボットの中核になります。周囲の状況には、誰よりも注意を払っており、いつもロボの中から覗いています。

●エイリアン(全高約 50mm)
「一緒のようで、一緒じゃない。」左右の腕はエイリアンたちです。

●スペースシャトル&ザ・ビッグワン(スペースシャトル全長約 220mm、ザ・ビッグワン全長約 115mm)
スペース・レンジャーの絆を結ぶ万能シャトルです。ザ・ビッグワンは背中に装備され、強力なジェット噴射で宇宙での活動を強力にサポートします。

■2体のロボが超・超合体することで、「トイ・ストーリー 超・超合体 ガングレートキング」が完成

本商品と「超合体 ウッディ ロボ・シェリフスター」は、超・超合体することで、「トイ・ストーリー 超・超合体 ガングレートキング」(全高約350mm)が完成します

■「ピクサー」完全監修のショートムービーを公開
「超合金 トイ・ストーリー」スペシャルページにて、「ピクサー」完全監修で制作した、「バズ・ザ・スペースレンジャー ロボ」の活躍や「ガングレートキング」への超・超合体を描いたショートムービー「超合金 トイ・ストーリー 超合体大作戦(後編)」を、7月21日より公開中です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C)Disney/Pixar

最終更新:7月21日(木)17時45分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。