ここから本文です

イングランド、新指揮官にアラーダイス監督任命へ

ISM 7月21日(木)12時17分配信

 サンダーランドのサム・アラーダイス監督(61)が、イングランド代表新監督就任に近づいている。関係者が『AP』通信に明かした。

 関係者が匿名を条件に明かしたところによれば、FA(イングランドサッカー協会)は現地時間21日(以下現地時間)に取締役会を開き、新監督を任命するとみられる。

 イングランドはEURO2016でベスト16に終わり、ロイ・ホジソン前監督が辞任。3週間前から新指揮官を探していた。9月4日には、2018年W杯欧州予選のスロバキア戦が控えている。

 指導者歴25年のキャリアを持つアラーダイス監督は、ボルトン、ニューカッスル、ブラックバーン、ウェストハムなどプレミアリーグのクラブの指揮官を歴任。昨年10月にサンダーランドの指揮官に就任し、プレミア残留に導いた。主要タイトルを獲得したことはないが、苦戦中のチームを立て直す手腕に定評がある。

 サンダーランドは前週、アラーダイス監督がFAと交渉していることを明かし、速やかに解決することを求めていた。同クラブは20日、声明で「現時点でサム・アラーダイスはサンダーランドの監督のままだ」「サポーターの怒りとフラストレーションを分かち合い、サンダーランドにとって最善の利益となるように解決すべく仕事をしていることを約束する」と発表した。(STATS-AP)

最終更新:7月21日(木)12時17分

ISM

スポーツナビ サッカー情報