ここから本文です

乃木坂46 “さゆりんご軍団”とアンダーメンバー出演の新曲MVを2曲同時公開

エキサイトミュージック 7/21(木) 16:00配信

いよいよ乃木坂46の15thシングル『裸足でSummer』の発売が迫る中、C/W曲として収録される“さゆりんご軍団”が歌唱する「白米様」と、 アンダーメンバー楽曲「シークレットグラフィティー」のミュージックビデオがついに公開された。
6月上旬に埼玉県飯能市と、あけぼの子どもの森公園(通称・ムーミン谷)で撮影した「白米様」。 松村沙友理が率いる2期生:佐々木琴子・寺田蘭世・伊藤かりんで軍団を結成した通称“さゆりんご軍団”。 「鼻穴にイヤホンジャックをつっこんで音を聴こうとする」「石をペット代わりに散歩につれていく」など、誰が見ても変わっている、明らかにおかしい軍団員の普段の活動報告が映像化。 そしてたくさん食べることが大好きな、普段の松村沙友理を彷彿させる内容となっている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「白米を愛する」楽曲なので、全員米粒を顔につけて撮影を行なったが、お米が中々顔につかないという問題を抱えながら撮影が行なわれたというエピソードもあったそうだ。 映画監督・CMディレクター・演出家など幅広く活躍し、乃木坂46“個人PV”でも作品を手掛けている伊藤衆人氏が監督して指揮を執った。

そして15thシングルのアンダーメンバー楽曲「シークレットグラフィティー」。 6月下旬に茨城県の学校で撮影されたミュージックビデオ、アンダーメンバーでセンターを務める学園のマドンナ・ひぐちくん(樋口日奈)を巡って、 伊藤万理華をリーダーとする「ひぐちを愛する友の会」と、井上小百合をリーダーとする「ひぐち親衛隊」の2組が、 毎日骨肉の争いを繰り広げ、ひぐちくんを他の生徒から守ることで愛を表現している学園コメディー。 このミュージックビデオには、同姓の髭男爵「ひぐち君」が登場するなど、終始笑いの絶えない撮影現場となったそうだ。

乃木坂46「別れ際、もっと好きになる」のミュージックビデオも手掛けた映像ディレクター山岸聖太氏が監督として手掛けた所にも注目したい。

最終更新:7/22(金) 15:45

エキサイトミュージック