ここから本文です

史上初! マイナス196℃の冷え冷え「キットカット」を体験できる期間限定ショップ 代官山にオープン!

ねとらぼ 7月21日(木)8時10分配信

 観測史上最も暑くなると予想される2016年の夏、史上初となる、マイナス196℃に冷やしたキットカット「氷点下ショコラトリー」を味わえる期間限定ショップ「キットカット ショコラトリー ワンダーランド」が、東京・代官山に登場します。

【涼しそうな店内】

 「氷点下ショコラトリー」の監修は「ル パティシエ  タカギ」の高木康政オーナーシェフで、高木シェフが厳選した20種類のトッピングから好きな素材3種類と特製デザートソースを選ぶと、専任スタッフさんが液化窒素で冷却してくれます。

 チョコレート、トッピング素材、ソース、冷却感のコラボレーションで、暑い夏にぴったりなプレミアムチョコレートになるそうです。マイナス196℃の冷却感がどんな感じなのか、全く想像できません。ショップ内には、「氷点下ショコラトリー」を口に含んで記念撮影できるフォトブースも用意されています。

 この他、チョコレートの食べ比べ「Brand Tasting」なども体験できます。「キットカット ショコラトリー ワンダーランド」は8月5日~16日までDAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYで開催されます。

 さらに7月29日からは高木シェフと共に開発した、自宅の冷凍庫で冷やして食べるチョコレート「サブリムビター&パッションフルーツ Tasty in FROZEN」「サブリムビター&ラズベリーTasty in FROZEN」(各300円、税別)が、全国のキットカットショコラトリーとオンラインショップで販売されます。

 こちらの2品も代官山の「キットカット ショコラトリー ワンダーランド」では氷点下で提供されます。お口の中が冷え冷えのワンダーランドになりそうです。

最終更新:7月21日(木)8時10分

ねとらぼ