ここから本文です

ハビエル・バルデム、リブート版フランケンシュタインに?

映画.com 7月21日(木)19時30分配信

 [映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが古典モンスター映画「フランケンシュタイン」をリブートする企画に、俳優ハビエル・バルデムが出演交渉中であることがわかった。

 ユニバーサルは、同社が誇る古典的なモンスター映画をリブートし、クロスオーバーさせる「モンスター・ユニバース」の構築を計画しており、「ミイラ再生」(1933)のリブート版「The Mummy(原題)」にはトム・クルーズとラッセル・クロウが、「透明人間」(1933)のリブート版「The Invisible Man(原題)」にはジョニー・デップが主演することが決定している。

 米ハリウッド・レポーターによれば、バルデムはフランケンシュタイン博士役を演じるのか、またはフランケンシュタインの怪物役を演じるのかは不明。また、単独映画に主演するのか、もしくは「モンスター・ユニバース」の各作品に登場するのかも、明らかになっていない。

 なお、「モンスター・ユニバース」企画は「スター・トレック」シリーズのアレックス・カーツマンと「ワイルド・スピード」シリーズのクリス・モーガンが総合プロデュース手がけている。

最終更新:7月21日(木)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。