ここから本文です

阪神・西岡 左アキレス腱断裂で今季絶望 4打席連続H直後の悲劇…一塁手前で転倒

デイリースポーツ 7月21日(木)6時59分配信

 「阪神2-6巨人」(20日、甲子園球場)

 阪神が今季5度目の同一カード3連敗。借金は今季ワーストの13となった。甲子園での巨人戦は今季いまだ白星なしで、1分けを挟んで6連敗となった。二回には同点打を放った西岡剛内野手(31)が走塁中に左アキレス腱を断裂。今季中の復帰は絶望といえる状況だ。最下位に低迷するチームに、さらなる試練が訪れた。

 あまりにショッキングな光景だった。一塁ベースの手前で西岡が倒れ込んだ。うつぶせのまま微動だにしない。激痛に顔をゆがめ、歯を食いしばった。

 ベンチからすぐさま本屋敷トレーナーが飛び出した。一塁ベースコーチの中村外野守備走塁コーチも心配そうに様子をうかがう。金本監督、片岡打撃コーチら首脳陣も駆け付けた。甲子園がざわつく中、担架に乗せられた西岡は、腕で顔を隠し、激励の拍手を浴びながらグラウンドを後にした。

 悲劇は1点を追う二回に訪れた。2死三塁の好機で打席に立つと、先発・田口の122キロ変化球を左翼線へ。値千金の一打で同点とした直後だ。沸き起こった大歓声も、徐々に静まり返っていった。

 19時7分、車いすに乗る西岡は、上着はユニホーム姿のまま、顔にはタオルをかぶせ、無言でクラブハウスへ引き揚げた。高野球団本部長、杉本チーフトレーナー、権田トレーナー、広報2人も付き添う光景が、事態の重大さを物語っていた。西岡は尼崎市内の病院へ直行。検査を受けた結果「左アキレス腱断裂」と診断された。この日は自宅に戻り、21日に精密検査を行う予定だが今シーズン中の復帰は厳しい状況だ。

 「まだ報告は来ていないけど…。昨日3安打、今日2安打していたしね…。心配だよ」

 突然の悪夢に、金本監督も肩を落とした。猛虎にとっては泣き面に蜂だ。リーグ最下位に沈むチームにあって、西岡は本来のスピードスターらしさを取り戻しつつあった。19日・巨人戦では右肩不安のため回避していた右打席を解禁し、猛打賞をマークした。試合後には「個人の成績はどうでもいい。自分の成績よりも今のチーム状況、勝敗を考えたら、勝ちにつながる成績を出せないと喜べない」とチームを引っ張る1番打者の心意気を示していた。

 「残念というか痛々しかったね。アイツのためにも何とか勝ってやりたかった」

 試合後、片岡打撃コーチがチームの思いを代弁したが、西岡を欠いた打線は九回、1死から代打・狩野のソロで追加点を挙げるのがやっと。反攻を期したはずが、後半戦まさかの3連敗スタート。借金は今季ワースト13まで膨れあがった。さらに今季の甲子園での巨人戦は7試合勝利なしで6敗1分けという悲惨な数字が残る。西岡が今季絶望となれば、これ以上の試練はない。勝負の夏場へ、さらに厳しい戦いを強いられることになった。

最終更新:7月21日(木)7時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]