ここから本文です

人気テニス漫画の実写版「ベイビーステップ」がAmazonで配信!

cinemacafe.net 7月21日(木)20時0分配信

Amazonプライム・ビデオにて7月22日(金)より配信されることが決定した本格テニス漫画「ベイビーステップ」の実写ドラマ。本日21日(木)、都内で本作の完成試写会が開催され、主演の松岡広大をはじめ、季葉、松島庄汰、ビジュアルスーパーバイザーを務める筧昌也さん、岩田和行監督が舞台挨拶に登壇した。

【写真】「ベイビーステップ」完成試写会

原作は、勝木光による「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」。NHK・Eテレにてアニメ化もされ、2014年、2015年に第1・2シリーズが放送。こちらも人気を博していた。今回の実写化にあたり、キャストには舞台「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」などに出演する松岡さんをはじめ、モデルで女優の季葉さん、「仮面ライダードライブ」の松島さんが主要キャストに抜擢されている。

この日、松岡さん、季葉さん、松島さんは劇中のテニスルックで登場! 主人公の丸尾栄一郎を演じる松岡さんは「人気漫画の実写版の主人公ということで、まずは役を愛すること、テニスを愛することから始めました」と語った。原作は錦織圭選手や松岡修造も愛読しており、テニス業界からも絶賛されているが、松岡さんは、リアルなテニスシーンを実現するためにかなり練習に励んだようで、「テニスって、来た球を打ち返して点を取るという単純なものだと思ってましたが、試合などをしていく中で、頭を使わないといけない奥深いものだと感じたし、面白いなと思いました」とふり返っていた。

子どもの頃からテニスに打ち込んでいたという鷹崎奈津役季葉さんは、本作がドラマ初出演となったが「奈津役のお話を聞いて『これは絶対に私がやりたい!』と強く思いました。私もこの仕事を始める前は、真剣にプロのプレイヤーを目指していたので、その経験が生かせると思ったし、決まったときは嬉しかったです!」とオファー時の心境を語っていた。また、卓越したセンスを誇る江川逞役を演じる松島さんは、「今回のドラマの中ではテニスが一番うまい役なので、僕がコケたら全体のレベルが落ちてしまうというプレッシャーもありました」と圧力を感じていたよう。しかしそれを乗り越えるべく、コツコツと練習を積んだそうで「本当に難しくて、最初はサーブがコートに入らないんですよ(苦笑)。毎日、ひとがいない壁打ちのコートに通ってサーブを打ってました。そうすると、ボールをちゃんと返してくれる壁に愛着がわいてくるんですよ(笑)」と練習秘話を明かした。

さらにそんなメインキャスト3人の魅力を岩田監督はこう語る。「松岡さんは、ずっとダンスをやってたので身体能力が高く、テニスのフォームの模倣に長けていて素晴らしかったです。季葉さんは、笑い上戸のムードメーカーで、おっちょこちょいで慌てて転んで、足の爪をはがしてしまったことがあったんですが、それを感じさせない笑顔を見せてくれました。天真爛漫で奈津にぴったりです。松島くんは、正直、最初は『これは大変だぞ』と思ったんですが、最後はコーチの方が感動して泣くくらい上達していた。飄々としているようで努力家です」とそれぞれをたたえていた。

今回は、テレビドラマでも映画でもない、Amazonプライム・ビデオでの配信ということで松岡さんは、「家でTVを見たり、映画館に行くのとも違って、ラフな気持ちで映像を持ち運んで楽しめるのが楽しみです」と語り、筧さんも「地上波にはない、いい意味でマニアックな作品になっています」と自信を口にしていた。

Amazonオリジナル「ベイビーステップ」はAmazonプライム・ビデオにて7月22日(金)より見放題独占配信開始(全10話/毎週1話更新)。

最終更新:7月21日(木)20時0分

cinemacafe.net