ここから本文です

Google、日本語もサポートのクラウド自然言語APIとスピーチAPIを一般向けにβ公開

ITmedia ニュース 7月21日(木)7時46分配信

 米Googleは7月20日(現地時間)、クラウドサービス「Google Cloud Platform」で利用できる自然言語関連の2つのAPIを一般向けβ版として公開した。

Cloud Speech API

 いずれも今年3月、クラウド関連イベント「GCP Next 2016」で発表し、限定プレビューとして提供していたもの。

 「Cloud Natural Language API」はコンピュータに人間の自然言語を理解させるためのAPI。日本語、英語、スペイン語に対応する。

 自然言語で書かれたテキストから書いた人の意見や感情を抽出する「センチメント分析」、テキストから固有名詞や時間表現などを抽出する「表現抽出」、テキストの内容を解析する「構文解析」などが利用できるようになる。

 Googleは、例えば、オンラインの製品レビューやサポートセンターへの顧客からの問い合わせなどの解析・対応に活用できるとしている。

 「Cloud Speech API」は、同社がAndroidの「Google Now」の音声検索や「Google Keyboard」での音声によるテキスト入力などで使っているディープラーニングニューラルネットワーク技術「Automatic Speech Recognition」をアプリで使えるようにするREST API。日本語を含む80カ国語以上をサポートする。

 例えば、音声入力をテキストに変換したり、音声による命令を実行してプログラムを制御したり、録音からテキストに起こしたりできる。

 いずれのAPIも、プレビュー段階では無料だったが、料金プランが発表された。

 Cloud Natural Language APIの料金はユニット数/月の月額制で、5000ユニットまでは無料だ。料金プランはこちら。

 Cloud Speech APIの料金は、最初の60分は無料で、それ以上は15秒当たり0.006ドル。1カ月に利用できるのは100万分までだ。詳細はこちら。

最終更新:7月21日(木)7時46分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]