ここから本文です

【高校野球】大阪桐蔭が3回戦敗退 続投直訴のエース高山打たれる

東スポWeb 7月21日(木)13時11分配信

 名門が姿を消した。第98回全国高校野球選手権大阪大会の3回戦が21日、舞洲球場などで行われ、春夏連続出場を目指した大阪桐蔭が関大北陽に1―2で惜敗した。大阪桐蔭は3回に中山(3年)のソロ本塁打で先制したが、エース左腕の高山(3年)が4回に3安打を浴びて逆転を許した。高山は8回を7安打2失点と粘ったものの、打線が相手エースの清水(3年)に4安打に抑えられ、涙をのんだ。

「ピンチの中でもしっかり抑えていこうと思ったが…。1巡目以降も同じピッチングになった。勝負球の直球を打たれた。悔しいけど、甘さがあった」と高山。腰に不安を抱えながらも西谷監督に「最後までいかせてください」と直訴しての力投だった。西谷監督は「投打をかみ合わせることが監督としてできなかった。悔しい思いをさせて申し訳ない。指導者の責任です」と唇をかんだ。

最終更新:7月21日(木)13時15分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)