ここから本文です

いわき市がサモアキャンプ誘致へ 2019年のラグビーW杯日本大会

福島民報 7月21日(木)12時39分配信

 福島県いわき市はラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、サモアチームのキャンプ誘致を目指す。サモア大使館と協議を開始した。20日の7月定例市議会の一般質問で市が明らかにした。
 キャンプ地はいわきグリーンフィールドを想定している。市は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興状況を国内外にアピールする絶好の機会になるとみている。
 市は東京五輪・パラリンピックでサモアのホストタウンに登録された。ウエイトリフティングや7人制ラグビーなどの競技や代表チームの事前合宿誘致にも取り組んでいる。
 ワールドカップは9月20日に開幕。全国12会場で熱戦を繰り広げる。

福島民報社

最終更新:7月21日(木)12時43分

福島民報