ここから本文です

コロッケが復興ソング「サンバおてもやん2016」参加、熊本の元気を全国へ

お笑いナタリー 7月21日(木)12時55分配信

熊本市公認の熊本復興ソング「サンバおてもやん2016」にコロッケが参加している。

「サンバおてもやん2016」は今年4月に発生した熊本地震を受けて制作された。熊本民謡「おてもやん」を作曲家・森岡賢一郎がサンバふうにアレンジした「サンバおてもやん」を原曲とし、「熊本は元気!」というメッセージを全国に届ける明るい楽曲に仕上げられている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

レコーディングに参加したのはコロッケのほか、水前寺清子、ポチョムキン(餓鬼レンジャー)、高良健吾といった熊本出身の著名人たち。ミュージックビデオには井手らっきょ、ばってん荒川Jr.らも登場する。

楽曲は7月下旬から配信が予定されているほか、来月8月6日(土)には熊本市で開催される「がんばろう!熊本 第39回火の国まつり」でも披露されることに。現在YouTubeでは「サンバおてもやん2016 メイキング・レコーディング映像」が公開されているのでチェックしてみては。

最終更新:7月21日(木)12時55分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。