ここから本文です

御茶屋御殿報道陣に披露 若松の御薬園8月、9月限定公開

福島民報 7月21日(木)12時39分配信

 初公開される福島県会津若松市の国指定名勝・会津松平氏庭園「御薬園」にある御茶屋御殿の内覧会は20日、市内の同園で開かれ、2階に報道陣が入った。
 市文化課職員が2階の床の間がある10畳の座敷と、控えの間と考えられる10畳の部屋、庭園を見下ろせる広縁を紹介した。8月6日から10日までと9月24日から28日まで計10日間限定で公開される。
 御茶屋御殿は江戸時代の元禄9年に建設された。会津松平家第九代藩主・松平容保公が戊辰戦争後に住まいとして使うため明治15年に増築された。容保公は16年から20年まで過ごした。
 公開時間は午前9時から正午まで。毎日先着順で120人分の整理券を配る。御薬園の入園料が必要。問い合わせは市文化課 電話0242(39)1305へ。

福島民報社

最終更新:7月21日(木)12時44分

福島民報