ここから本文です

ソフトバンク5年ぶりの“北九州星” お待たせ3戦目で後半戦初勝利

デイリースポーツ 7月21日(木)9時0分配信

 「ソフトバンク2-1オリックス」(20日、北九州市民球場)

 ソフトバンクが1分けを挟み8連敗中だった北九州で11年4月20日・楽天戦以来の勝利を挙げた。

 1-1の七回無死一塁で長谷川が4年ぶりの犠打を決め、松田が勝ち越し二塁打。2試合連続零敗を食らったオリックスから5安打で2点をもぎ取り後半戦初勝利。

 工藤監督は「次へ次へつなぐのがうちの野球。それができた」と目尻を下げた。

最終更新:7月21日(木)9時13分

デイリースポーツ