ここから本文です

中央大に爆破予告 午後3時ごろまで休講・立入禁止に

ITmedia ニュース 7月21日(木)10時5分配信

 中央大学は7月21日、公式サイトの問い合わせフォームから爆破予告を受けたとし、同日の学部・大学院の3限目(午後2時50分終了)まで講義を休講にし、キャンパスを立入禁止にすると発表した。

 同日午前10時半の爆破予告を受けたという。学生や教職員の安全確保を最優先し、多摩キャンパス(東京・八王子市)・後楽園キャンパス(東京・文京区)とも3限目まで休講に。両キャンパスへの立ち入りを禁止し、イベントや行事、施設の使用も中止する。4限目(午後3時開始)以降は通常通り講義などを行う。

 同大は爆破予告を威力業務妨害として警察に連絡し、必要な措置を講じるという。

最終更新:7月21日(木)10時5分

ITmedia ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。