ここから本文です

Skype、旧バージョンのAndroidやSnow Leopardなどのサポートを終了へ

ITmedia ニュース 7月21日(木)10時15分配信

 米Microsoftは7月20日(現地時間)、同社の通話/メッセージングサービス「Skype」のP2Pからクラウドへの移行に伴うサポート対象の変更について説明した。

Skype Bots

 クラウドでの新しいサービスをスムーズに提供するために、旧バージョンのOSのサポートを終了する必要があるとしている。

 Android版Skypeでサポートするのは、2011年12月リリースのAndroid 4.0.3(コードネーム:Ice Cream Sandwich)以降になる。「Skype 4 for Android」を使えば、Android 2.3(コードネーム:Gingerbread)でもSkypeを利用できる。

 iOS版Skypeでサポートするのは、2014年9月リリースのiOS 8以降になる。それ以前のバージョンでは最新機能は使えないが、Skype上で他のユーザーと基本的な通話はできるという。

 以下のOSについては2016年10月以降、サポートを終了する。

・Windows RT
・Mac OS X 10.6 Snow Leopard以前
・Windows Phone 8/8.1

 Microsoftは2011年にSkypeを買収して以来、P2Pベースのこのサービスのクラウドへの移行に取り組んできた。グループ動画チャットや、翻訳機能、Skype Botsの提供などは、クラウドへの移行で実現できたサービスだとMicrosoftは説明する。

 システム要件の詳細についてはサポートページを参照されたい(本稿執筆現在、まだ日本語化されていない)。

最終更新:7月21日(木)11時20分

ITmedia ニュース