ここから本文です

すっちーが本格ホラーコメディドラマ挑戦、3座長企画「よしもと新喜劇」4時間SP

お笑いナタリー 7月21日(木)13時31分配信

「よしもと新喜劇 真夏の大感謝祭4時間ぶち抜きSP」(MBS)が8月20日(土)に放送される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この特番では吉本新喜劇の座長を務めるすっちー、川畑泰史、小籔千豊の3人が趣向を凝らした企画を展開。川畑が台本を手がけた3座長出演のスペシャル新喜劇や、座員たちの個性を活かす小籔考案のクイズバラエティ、すっちーによる本格ホラーコメディドラマがオンエアされる。

昨日7月20日、すっちー主演のドラマ「よしもと綺談『蘇り』」がクランクインを迎えた。このドラマはすっちーがストーカー女性に付きまとわれたことから、奇妙な出来事に巻き込まれていくというストーリー。大阪城の天守閣にある大坂夏の陣図屏風を手がかりに、真田信繁軍にまつわる悲しい因縁に辿りつく。キャストは新喜劇メンバーのほか、7年ぶりの共演となる三倉茉奈と三倉佳奈、木下ほうか、加藤諒、竹内都子、ちすん、山崎銀之丞ら。すち子誕生秘話も描かれる。

クランクインに先立って、去る7月17日には主演のすっちー、物語の鍵を握る謎の女役の三倉茉奈、ストーカー役の三倉佳奈が真田信繁ゆかりの大阪・安居神社を訪れた。お祓いを受け、「こんだけちゃんと(お祓いを)やるのは、ちゃんとしたドラマなんやと、今気づきました」と気持ちを引き締めたすっちー。絵馬にはそれぞれ、「無事故!安全!高視聴率!」(すっちー)、「よしもと新喜劇ドラマ成功祈願 安全に楽しく挑めますように」(茉奈)、「無事撮影が終わりますように。たくさんの方に観ていただけますように」(佳奈)と願いを込めた。

すっちーは今回のドラマについて「新喜劇の稽古や裏の部分など日常の風景にプラスして、ホラーといった非日常もあり、歴史的な部分もあり、すごく見応えのあるドラマになっています」と見どころを解説。自身の役については、「普段すち子というおばちゃん役なんですが、今回は普通の役なんでどれだけ素を出せるか」と説明し、「こんなんできるかなあ?というシリアスなシーンもあって。でも新たな挑戦やなと思てます」と意気込んだ。撮影は劇場や大阪城など、オールロケで行われ、8月1日(月)にクランクアップ予定。

よしもと新喜劇 真夏の大感謝祭4時間ぶち抜きSP
MBS 2016年8月20日(土)12:54~17:00

最終更新:7月21日(木)13時31分

お笑いナタリー