ここから本文です

ホリエモン 「女性問題とかで叩くのは…」 鳥越氏の週刊誌報道にうんざり

デイリースポーツ 7月21日(木)9時45分配信

 実業家の堀江貴文氏が20日、ツイッターを更新し、都知事候補の鳥越俊太郎氏に女性問題が持ち上がったことについて「女性問題とかで叩くのもういい加減止めにしない?」と訴えた。

 鳥越氏は、21日発売の週刊文春に女性問題を掲載され、鳥越氏の弁護団が「事実無根」として、同誌に抗議文を送ったことを明かしている。

 そんな現状に、堀江氏は「鳥越さんの政策とか一ミリも賛成できんけど」と前置きした上で「女性問題とかで叩くのもういい加減止めにしない?」とつぶやいた。

 堀江氏は都知事選に鳥越氏が出馬を表明して以降、久留米大附設高の先輩・後輩の間柄ながら「政治姿勢が違うので応援はできませんが」「マジで鳥越さんになったら舛添下ろしが最悪の選択肢であることをみんな後悔しただろうけど」などとつぶやき、鳥越氏を支持しない姿勢を貫いている。それでも、政策論争などではない部分で足を引っ張り合う現状に、うんざりしているようだ。

最終更新:7月21日(木)19時51分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。