ここから本文です

マジカル・パンチライン、魔法も飛び出したデビュー記念イベントでレナ涙

音楽ナタリー 7月21日(木)13時50分配信

マジカル・パンチラインが昨日7月20日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて、メジャーデビューミニアルバム「MAGiCAL PUNCHLiNE」の発売記念イベントを実施した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ファンからの盛大な歓声に迎えられたマジカル・パンチラインの面々は、挨拶代わりにミニアルバムの収録曲「Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン」をパフォーマンス。1曲歌い終わり、メンバー1人ひとりが丁寧に自己紹介をしたあとには、グループのコンセプトである“魔法”に関連した演目として“リアルマジシャン”のRYOTA氏を招いた魔法の公開授業が行われた。彼は手を振れずに物を動かす魔法や、ペットボトルに入った紅茶を水に変え、ティーポットに入れた水を紅茶に変える魔法を披露し、メンバーやオーディエンスを驚かせる。さらに“浮遊の魔法”の公開授業では、メンバーのアンナとヒマワリがテーブルを浮遊させたほか、リーナ自身が浮遊する魔法を披露。オーディエンスを大いに沸かせた。

授業を終えたマジカル・パンチラインのメンバーは、ミニアルバムの収録曲「Never Ending Punchline」を歌唱。彼女たちはフォーメーションを変えながら、元気いっぱいに歌と踊りを届け、オーディエンスを喜ばせた。イベントの最後にはメジャーデビューを果たしたことについて、メンバーそれぞれがオーディエンスに向けてメッセージを送る。グループのリーダーであるレナは「ずっとなりたかったアイドルにもう一度なることができて。アイドリング!!!では年少キャラだった自分が今度はリーダーとして、自らメンバーも選んで、自ら衣装もデザインして、自分なりにがんばってきたことがこうして身を結んで、デビューという形にできたことが本当にうれしいです」と涙ながらに語り、オーディエンスに向けて感謝の気持ちを伝えていた。

最終更新:7月21日(木)13時50分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。