ここから本文です

爆音映画祭が仙台で開催、「地球に落ちて来た男」「イグジステンズ」など上映

映画ナタリー 7月21日(木)14時2分配信

「爆音映画祭 in 仙台 2016」が明日7月22日から24日まで、宮城・せんだいメディアテークにて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

全国各地で開催されている「爆音映画祭」は、音楽ライブ用の音響機器を使用し、大音響の中で映画を鑑賞できる上映企画。本会場ではデヴィッド・ボウイが孤独な宇宙人を演じた「地球に落ちて来た男」、デヴィッド・クローネンバーグがVRゲームの世界をショッキングかつグロテスクに描いた「イグジステンズ」、黒沢清や三池崇史らに影響を与えたトビー・フーパーの監督作をリマスターした「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版」などがスクリーンにかけられる。ほかラインナップにはアピチャッポン・ウィーラセタクンによる「ブンミおじさんの森」、フランシス・フォード・コッポラによる「地獄の黙示録」のデジタルリマスター版、ホウ・シャオシェンによる「黒衣の刺客」が並ぶ。

なお7月22日にはジャズ評論家・副島輝人がフリージャズギタリスト高柳昌行のソロツアーの様子を追ったロードムービーを、映像作家の牧野貴と音楽家の大友良英が再構築した「北走譚 2015」を上映。当日は大友のライブ演奏とともに楽しめる。

爆音映画祭 in 仙台 2016
2016年7月22日(金)~24日(日)宮城県 せんだいメディアテーク料金:当日券 1800円 / 前売り1回券 1500円 / 前売り3回券 4000円<上映スケジュール>7月22日(金)19:00~「北走譚 2015」7月23日(土)13:30~「地獄の黙示録」16:30~「黒衣の刺客」19:00~「悪魔のいけにえ 公開40周年記念版」7月24日(日)12:00~「ブンミおじさんの森」15:00~「地球に落ちて来た男」18:00~「イグジステンズ」

最終更新:7月21日(木)14時2分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。