ここから本文です

【ルノー トゥインゴ 新型】今後も限定車をはじめ様々なバリエーションを投入

レスポンス 7月21日(木)18時30分配信

日本の輸入車Aセグメントに新たに投入されるルノー『トゥインゴ』。ルノー・ジャポンはこれを機に、この市場の拡大を図りたいという。

[関連写真]

そう話すのは、同社代表取締役社長の大極司氏だ。更に、「日本車にはコンパクトカーでよく走る可愛いクルマがあまりない。そこでぜひフランス車のルノーに、こんなに素敵なクルマがあるということを認知してもらいたい」と述べる。そこで、プライスバンドも日本車から移行しやすい189万円からに設定したのだ。

ルノー・ジャポンとしてもトゥインゴにかける期待は大きい。昨年初めて5000台を超える登録台数を記録した同社。『ルーテシア』、『キャプチャー』、『カングー』それぞれが1500台ほどの台数で、この3車がビジネスピラーとなっている。そこで大極氏は、「トゥインゴも同じぐらいの柱として売っていきたい。その結果、トータルで6000台はアプローチしたい」と展望を語る。

そのコミュニケーション戦略として大極氏は、「“トゥインゴ パリ”として、パリの石畳を元気よく走っている可愛いクルマ、良いフランス車だというイメージをまず持ってもらいたい」とし、7月29日よりパリ試乗キャンペーンの募集を開始する。

更に、ルノー・ジャポンが得意とする限定車の戦略もある。すでに完売したが、「RRという特性を生かしたMTの限定車、サンクSを導入。今後も、様々なグレードやラインナップを揃え、また、リミテッドバージョンを年に数回は投入することで、クルマ好きの方々をはじめ、皆に楽しんでもらえるような企画を提案していきたい」と今後を語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:7月21日(木)18時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]