ここから本文です

幕を閉じた“重光武雄時代”…母体とも言える(株)ロッテの登記理事からも退く

WoW!Korea 7月21日(木)17時30分配信

重光武雄(韓国名:辛格浩/シン・ギョクホ、94)ロッテグループ創立者が多数の日本系列会社の登記理事から退いたことが確認された。

 21日、ロッテグループによると、武雄氏は去る6月25日、製菓会社である(株)ロッテをはじめとしてロッテアイス、ロッテ物産、ロッテ不動産の登記理事から退いた。

 (株)ロッテは作家志望生だった武雄氏がドイツ作家ゲーテの「若きウェルテルの悩み」の女性主人公シャルロッテから文字って1948年に設立した会社で、今日のロッテグループの母体と言える。

 94歳の武雄氏が68年前に設立した会社から退いたことで、彼の時代に幕を下ろしたと解釈されている。

最終更新:7月21日(木)17時30分

WoW!Korea