ここから本文です

GLIM SPANKYアコースティックインストアで映画主題歌2曲披露

音楽ナタリー 7月21日(木)14時27分配信

GLIM SPANKYがニューアルバム「Next One」のリリースを記念したインストアライブを、昨日7月20日に東京・タワーレコード新宿店で開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アコースティック形式で行われたこのライブでは、アルバムにも収録されている映画「ONE PIECE FILM GOLD」主題歌「怒りをくれよ」や、映画「少女」主題歌の「闇に目を凝らせば」を含む4曲を披露。先着で参加した約300名の観客を楽しませた。

ライブを終えた松尾レミ(Vo, G)は「すごくいい雰囲気の中、ライヴが始まり曲と共にお客さんが一体になってくれて、すごく楽しかったです。とてもリラックスしてできました。このような空間でライブができて良かったです」とコメントし、亀本寛貴(G)は「短い時間でしたが、とても楽しくできて、みなさんと顔合わせをし、握手をすることができて良かったです」と語った。このインストアライブは8月に名古屋、大阪、札幌でも行われる。

GLIM SPANKY「Next One」発売記念スペシャルアコースティックライブ
2016年8月6日(土)愛知県 名古屋PARCO 西館1F イベントスペース2016年8月7日(日)大阪府 NU茶屋町 3Fテラス特設会場2016年8月21日(日)北海道 札幌パセオ センターB1F テルミヌス広場

最終更新:7月21日(木)14時27分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。