ここから本文です

メルセデス Sクラス/Cクラス 専用スピーカーパッケージ、ソニックデザインが発売

レスポンス 7月21日(木)20時0分配信

ソニックデザインは、車種別専用スピーカーパッケージの最上位モデル「ソニックプラス ザ クレスト」の新製品として、メルセデスベンツ『Sクラス』(222系)専用「SC-222M」を11月上旬より、『Cクラス』(205系)専用「SC-205M」を10月上旬より発売する。

[関連写真]

新製品は、新開発の52mm口径ワイドレンジドライバー「SD-N52M」型とアルミハイブリッドエンクロージュアとを組み合わせた、エンクロージュア一体型52mmアルミハイブリッドモジュールを全スピーカーに採用。ソニックデザイン独自のスーパーフルレンジ思想を忠実に反映させ、純正装備のソースユニットやパワーアンプを活かしながら、情報量豊かで密度感あふれる中音域、長時間のドライブでも聴き疲れしない自然な高音域、そして色付けのない正確な音色バランスを実現する。また装着後の外観も、希望により各グリルに装着可能な「Sonic Design」ロゴバッジを除いて純正スピーカーからの変更はなく、インテリアの雰囲気を損なわない。

製品構成はSC-222Mがフロントドア左右、リアドア左右、リアトレイ左右、センターの計7モジュール、SC-205Mはフロントドア左右、リアドア左右の計4モジュール。いずれも運転席足元(Sクラスのみ)および助手席足元に埋め込まれた純正サブウーファーと併用する。取り付けに際しては、他のソニックプラス製品と同じく車両側の加工を必要とせず、配線接続もカプラーオンで行うことができる。

予定価格(税別)はSC-222Mが80万円、SC-205Mが35万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月21日(木)20時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]