ここから本文です

広島・黒田 23日先発 200勝達成へ全力投球 「その後でそれ以上の大きな目標がある」

デイリースポーツ 7月21日(木)11時59分配信

 広島の黒田博樹投手(41)が、23日の阪神戦(マツダ)に先発する。日米通算199勝で、節目の200勝に王手を懸けて臨む一戦。“3度目の挑戦”として、地元での達成に「個人的なことでまわりの選手に余計な気を遣わせて申し訳ない。次のゲームに勝って、通過点だと思うのでね。その後にみんなでそれ以上の大きな目標があるので、それに向かってやっていければいいと思います」と、まずは勝利で記録達成に全力を注ぐ考えだ。

 プロ20年目、積み上げた白星は199勝だ。王手を懸けて臨んだ6日の中日戦(金沢)は、6回を投げて7安打3失点で4敗目。中6日の登板で臨んだ13日の巨人戦(マツダ)は、6回2/3を投げて今季自己ワーストの10安打、同タイの6失点で降板した。

 日米通算での200勝到達は、2004年野茂英雄氏以来2人目の偉業。球団での200勝到達は北別府学氏に次ぎ、2人目の快挙となる。次回の相手は阪神。今季3試合の登板で1勝0敗(防御率1・59)。昨年は6試合の登板で4勝0敗(防御率2・40)と、日本球界復帰後は負けなしの虎キラーだ。

最終更新:7月21日(木)12時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]