ここから本文です

フィギュア本郷理華 練習着にもこだわり「体のラインがきれいに」

東スポWeb 7月21日(木)17時25分配信

 フィギュアスケートの本郷理華(19=邦和スポーツランド)が21日、都内でゴールドウインの女性向けスポーツウエアブランド「ダンスキン」のアドバイザリー契約締結記者会見を開いた。

「サポートしてくださる方が増えたのは心強い。頑張りたいと思う」と笑顔を見せた本郷は、試合着だけではなく、練習着にもこだわりを持っている。

 ゆったりした服で練習しているとコーチから「ただでさえ悪い姿勢が余計悪くなるので、しっかりしたものを着なさい」と注意が入るそうで「練習中から体のラインを気にしているので、(ダンスキンの服は)きれいに見えてとても良い」と、ご満悦だ。

 日本のトップで活躍するシーズンが続いている。

「今季は平昌五輪のプレシーズン。安定した成績を残したい。全日本で納得のいく演技をし、世界選手権に出るのが目標です」と抱負を語った。

最終更新:7月21日(木)17時25分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。