ここから本文です

花火大会の“穴場スポット”が分かる? 昨年の混雑推移、Yahoo!地図が公開

ITmedia ニュース 7月21日(木)13時47分配信

 ヤフーは7月21日、アプリ「Yahoo!地図」に、全国55カ所の花火大会について、昨年の混雑状況の変化を確認できる機能を追加した。スムーズに行き帰りできる時間帯や、鑑賞の“穴場スポット”を探すのに役立ててほしいという。この機能はAndroid向けには既に公開されており、iPhone用は近日公開を予定する。

【アプリの画面】

 混雑度をヒートマップで表示する同アプリの機能「混雑レーダー」を利用したもの。昨年の開催日正午から12時間、会場周辺の混雑状況がどう変化したかを20分ごとにアニメーションで確認でき、今年の混雑状況を予測する手掛かりに使えるという。

 対象となるのは「隅田川花火大会」「なにわ淀川花火大会」「長岡まつり大花火大会」など全国55カ所。提供期間は8月31日まで。

 同機能とは別に、大会当日は混雑レーダーや混雑グラフを使ってリアルタイムの混雑度合いを確認できる。

最終更新:7月21日(木)13時47分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]