ここから本文です

無人の森に潜む“何か”の恐怖描く、アダム・ウィンガード「ザ・ウッズ」12月公開

映画ナタリー 7月21日(木)16時0分配信

「サプライズ」を手がけ、Netflixオリジナル映画「デスノート(Death Note)」の監督に抜擢されたアダム・ウィンガードによるスリラー「ザ・ウッズ」の公開が、12月1日に決定した。

本作は、自分たち以外に誰もいないはずの森へキャンプをしに訪れた大学生たちが、得体の知れない“何か”の視線に気付いたことで体験する恐怖を描き出す。ウィンガードと幾度となくタッグを組んできたサイモン・バレットが脚本を担当している。本作は、現地時間7月21日から米国サンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルにて世界初上映。9月16日より全米2000館規模の公開を控えている。

公式サイトでは、森に潜む“何か”をユーザーが予想して投票できる企画を実施中。公開されたビジュアルをもとに、“何か”の存在を推理してみては。「ザ・ウッズ」は東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にてロードショー。

(c)2016 Lions Gate Films Inc.?All Rights Reserved.

最終更新:7月21日(木)16時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。