ここから本文です

浮気騒動の円楽 「悪いことはしていい。絶対バレるな」と長男が父の教え明かす

デイリースポーツ 7月21日(木)14時6分配信

 浮気騒動を起こしたばかりの落語家・三遊亭円楽の長男で、声優としては本名の会一太郎として活動する落語家の三遊亭一太郎(28)が21日、フジテレビ系「バイキング」に出演し、幼少期に父親から「悪いことはしてもいい。でも、絶対にバレるな」と教えられてきたことを明かした。

 この言葉に、MCの坂上忍からは「あんたはバレた!」と当然のように突っ込まれた一太郎は苦笑いするばかり。

 父親で師匠の浮気騒動に「ツイッターで知ったが、もめてるなと。大爆笑ですね。まだまだイケてるなと。相手方に迷惑をかけてなくてよかった」と振り返った。

 さらに家庭内の様子については、「僕と母はノーダメージ。母親はあっけらかんと、落ち着いて対応していた。ただ、父は5歳ぐらい老けたかな、シュンとしてました」と説明。謝罪会見直後、円楽が妻と焼き鳥を食べに行き、店全体が騒然としたエピソードも明かした。

 円楽は今年6月に写真週刊誌で2年半前に知り合ったという40代の女性と都内のラブホテルに入る様子を激写され、不倫を認めて謝罪会見を行っていた。

最終更新:7月21日(木)14時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。