ここから本文です

タブレット純が昭和の名曲歌唱、永六輔や上柳昌彦アナの声帯模写も

お笑いナタリー 7月21日(木)16時38分配信

タブレット純が昨日7月20日に東京・古賀政男音楽博物館 けやきホールで開催された佐々木秀実の新曲発売記念ライブ「愛と哀しみをうたう」に出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「昼下がりの愛」と題した昼の部に白い煌びやかな衣装で登場したタブレット純。佐々木に「本気で面白いし、本気で上手いので、素晴らしいなあと思っていた」と絶賛されると、佐々木のリクエストに応えて永六輔やニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦、松本秀夫の声帯模写を披露してみせた。

短い挨拶のあと、「今日は佐々木秀実さんも新曲で歌われていた、高畠じゅん子先生と中川博之先生の大名曲を歌ってみたいと思います。それでは大沢悠里さんの曲紹介を」と、モノマネで曲振りしてから「足手まとい」を歌唱。続けて吉田照美作詞の「浜松町ナイトクラブ」では吉田の声で曲紹介して笑わせる。最後は佐々木とともに「たそがれの銀座」を歌い上げた。

最終更新:7月21日(木)16時38分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。