ここから本文です

報徳のドラフト候補・主島が2回1/3を5Kの圧巻投球 兵庫大会16強進出

デイリースポーツ 7月21日(木)14時43分配信

 「高校野球兵庫大会・4回戦 報徳学園7-0豊岡」(21日、明石トーカロ球場)

 報徳学園が豊岡を八回コールドで下し、16強へ進出した。六回途中から登板したエース・主島大虎投手(3年)が2回1/3を無安打無失点、5三振を奪う快投。チームに流れを呼び込んだ。

 出番が回ってきたのは3点リードの六回2死一、三塁の場面。1本出れば勝負の行方が分からなくなる中でのマウンドで、先頭打者に死球を与えた。2死満塁とピンチは広がったが、ここから圧巻の投球。4番を内角直球で詰まらせて三直に打ち取ると、勢いに乗った。

 「どの球種も思い通りに投げられた。相手打者が全然、タイミングがあってないと感じた」と七回1死から八回2死まで4連続奪三振。味方のエラーで走者の出塁を許したが、最後も外角チェンジアップで空振り三振に仕留めた。

 エースの好投が流れを引き寄せ、味方打線も奮起してのコールド勝ち。「いい勢いで来ていると思います。目の前の試合を1つずつ、勝ちきって行きたい」と頼れる左腕は声を弾ませた。

最終更新:7月21日(木)14時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報