ここから本文です

生田斗真主演「秘密」をジョン・ウー、藤原竜也、菅田将暉、土屋太鳳らが絶賛

映画ナタリー 7月21日(木)17時0分配信

生田斗真主演作「秘密 THE TOP SECRET」に対する著名人コメントが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

清水玲子のマンガをベースにした「秘密 THE TOP SECRET」は、死者の脳に残された記憶を映像化して捜査を行う警察庁の特別機関・通称「第九」に所属する者たちの活躍と苦悩を描くサスペンス。「るろうに剣心」シリーズの大友啓史が監督を務め、岡田将生、松坂桃李、吉川晃司がキャストに名を連ねる。

「男たちの挽歌」「レッドクリフ」で知られる映画監督ジョン・ウーは「私の心の中で“秘密”が大きくなっている。とても好きな作品だ」と絶賛。俳優陣では、藤原竜也が「ボクも出たかった……」、菅田将暉が「科学はどんどん進化していく。人間は進化しているのかな。そんな今を感じました」と述べ、土屋太鳳は「作品そのものが頭脳のようです」と語っている。また、「るろうに剣心」シリーズで大友とタッグを組んだアクション監督の谷垣健治は「科学や倫理の世界に踏み込みながら、ちゃんと『考えるな、感じろ!』映画になっている。これは脳みそのアクション映画だ!」とコメントを寄せた。

「秘密 THE TOP SECRET」は8月6日より全国ロードショー。

ジョン・ウー コメント
本作は、“マジシャン”大友監督と彼の素晴らしいチームの神髄によって創り出されたハイクオリティな作品だ。そのビジュアルに圧倒されるとともに、エンターテインニングで、感動も与えてくれる。記憶に残るアクション・スリラーでありながら、心の優しさも持っている作品なのだ。私の心の中で“秘密”が大きくなっている。とても好きな作品だ。

藤原竜也 コメント
この映画、おもしろい。そして大友監督の脳内を見てみたい! 生田、岡田、両者の圧倒的な存在感。ボクも出たかった……監督、またまたやりましたな!!

菅田将暉 コメント
真面目で論理的な大人達が滑稽に見えてくる。絹子に憧れを抱いてしまう僕は、どうしたらいいんだろう。試合に勝って勝負に負けていく日本で、どう生きていけばいいんだろう。科学はどんどん進化していく。人間は進化しているのかな。そんな今を感じました。

板谷由夏 コメント
人の脳を覗き見る。怖さと同時に惹かれる。この映画は大友監督の脳を覗いているのかもしれない。怖いけど、覗いたほうがいい。

青木崇高 コメント
脳内を覗かれるなんてまっぴらゴメンだ! 喜んでレクター博士にくれてやるぜ!

本仮屋ユイカ コメント
一回でも人の脳を覗いてしまったら、もう戻れない。映画を観ながらとても心揺さぶられました。凄い世界、凄い体験! 観たというより疑似体験した感じ。いまだ震えが止まらない衝撃的な映画でした。

土屋太鳳 コメント
素晴らしい作品に出会った時、私はいつも「なぜ私は、この世界に入ることが出来なかったのだろう」と思います。悔しい気持ちと共に思う時もあれば、悲しい気持ちと共に思う時も。映画「秘密」のエンドロールが終わった瞬間も、やはり私は、そう思いました。でも同時に、明らかに別な思いが、心にハッキリと生まれていたのです。私はこの世界に入らなくて本当によかった……感動と尊敬の向こうに、私は「畏れ」を感じていました。「秘密」はまるで、作品そのものが頭脳のようです。パンドラの箱のように、始まったら最後いろいろな思いに襲われる映画ですが、最後に残るのが「希望」なのかどうかは、観る人によっても観る時期によっても違うのではないでしょうか。音も映像も初めて体験する試みが多く、それを体験することで、正体の分からない何かと記憶を共有させられているような、不思議な感覚を味わいました。この作品では「脳内捜査」が行われますが、自分だけの領域であるはずの記憶に他人が入りこんだ時、その記憶は記憶ではなく、「あの世とこの世の狭間」でしかなくなるような気がします。それはとても不気味な世界で、理由はどうあれ入り込むことは、私は罪だと感じました。でも、もしかしたらこの罪は、まるっきり未知のことでもなくて、人は既に知らない間に人の心に入り込んで、同じ罪を犯しているような気もするんです。その方法のひとつが芸術であり、この映画も、美しい罪のひとつなのかなと感じてます。

神山健治 コメント
猟奇殺人犯が何を考えていたかを覗き見ることができるとしたら? 多分、僕は覗いてみるだろうね。その結果が恐ろしいことになったとしても。そんな思いを具現化してくれたのが、この映画なんじゃない。いやはや恐ろしい。

谷垣健治 コメント
大友監督(と愉快な仲間たち)がまた本気の凄まじい映画を作ってしまった。科学や倫理の世界に踏み込みながら、ちゃんと「考えるな、感じろ!」映画になっている。これは脳みそのアクション映画だ! これから見る皆さん、覚悟してこの「映画的記憶」をあなたの「主観」に変換してください。



(c)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

最終更新:7月21日(木)17時0分

映画ナタリー